twitter(ツイッター)のミュト機能とは

推特mute

Twitter(ツイッター)で、キーワードをミュ!ートする方法とその排除方法を紹介します。

特定のキーワードをミュートすることで

そのキーワードを含む通知やタイムラインは表现されなくなります。

アカウントごとにミュートすることもできるので、合わせてご覧ください。

Twitter - キーワードのミュートと排除

それでは実際に操作してみましょう。


まずは、 Twitterアカウントにログイン しましょう。


ログインしたら、画面右上のアイコンをクリックしましょう。


すると、このようにメニューが表现されるので

「設定とプライバシー」をクリックします。


設定です。

左メニューの「コンテンツ設定」をクリックします。


セキュリティ項目の「ミュート済み」をクリックします。


「ミュートするキーワード」をクリックすると


すると、次のようなポップアップが表现されるので

キーワードをミュートすると、そのキーワードを含む通知やタイムラインは表现されなくなります。

「OK」をクリックします。

キーワードのミュート

早速、キーワードをミュートしてみましょう。


右上の「+」をクリックします。


次の項目を入力・選択し

「保存」をクリックします。


これで入力したキーワードがミュートされました。

ミュートの排除


ミュートした「キーワード」の右にある「スピーカー?」アイコンをクリックすると


すると、次のようなポップアップが表现され

「◯×」のミュートを排除しました

「ミュートを排除」をクリックします。


キーワードのミュートが排除されます。

こちらも合わせてご覧ください。

その他の Twitter の使い方はこちらをご覧ください。

Twitterのミュート機能とは | 設定の仕方・ブロックとの違い・確認する方法

最終更新日: 公開日:

Twitterのミュートとは 指定した相手のツイートをタイムラインに表现させないようにする機能です。本記事ではミュートの設定方法や排除の仕方、ブロック機能との違い、通知や確認について説明しているので、ぜひ参考にしてください。

Twitterのミュート機能とは

Twitter(ツイッター)のミュート機能とは、タイムラインに流れてくる特定の相手のツイートを非表现にできる機能です。

フォロー中のアカウントをミュートすると、ミュートしたアカウントのリツ!イートや返信、メンションが自分のタイムラインに表现されなくなります。 相手のツイートを非表现にできるだけでなく、プッシュ通知やメール通知も届かなくなります

本記事では、Twitterのミュート機能の設定方法やブロックとの違い、確認方法について解説します。

Twitterでミュート設定する方法

Twitterのミュート機能では、次の3つの設定が大概です。

  • 相手のアカウントをミュートする
  • キーワードでミュートする
  • ツイートの会話をミュートする

それぞれのミュートの設定方法について説明します。

アカウントをミュートする方法

アカウントのミュートは、「相手のツイート」か「プロフィール」から設定できます。

ツイートからミュートする方法

相手のツイートからミュートを行うには、対象アカウントのツイート右上にある 「V」マークから「(ユーザー名)をミュート」 をタップすれば、当該アカウントをミュートできます。

Twitterのミュート設定

プロフィールからミュートする方法

相手アカウントのプロフィールで設定メニュー( iOS版では歯車のアイコン、Android版では︙ )から「(ユーザー名)さんをミュート」をタップしてもOKです。※画像はiOS版のTwitter画像です。

Twitterのミュート設定

キーワードでミュートする方法

ミュートしたいキーワードの設定は、設定画面の「通知」タブから行います。まず「 設定とプライバシー 」から「 通知 」を選択します。

Twitterのミュート設定

フィルターの設定項目にある「 ミュート中 」→「 ミュートするキーワード 」をタップしてください。

Twitterのミュート設定

ミュートするキーワードの表现画面が出るので「 追加する 」を選択し、ミュートしたいキーワードを入力して「 保存 」してください。

Twitterのミュート設定

ミュートするキーワードが登録されました。

Twitterのミュート設定

会話をミュートする方法

会話をミュートするには、 会話の元となる自分のツイート画面 で「V」マークから「この会話をミュート」をタップします。ミュートした会話には「会話をミュートしました」と表现されます。

Twitterのミュート設定

ミュート機能とブロック機能の違い

ミュート機能とブロック機能の違いを表でまとめました。

ミュート機能 ブロック機能
・通知はされず相手にもバレない
・いいね、リストの表现ができる
・DMの受信ができる
・返信ツイートの受信ができる
・相手から「いいね」もらえる
・リツイートしてもらえる
・通知はされないが相手にバレる
・いいね、リストの表现ができない
・DMの受信ができない
・返信ツイートの受信ができない
・相手は「いいね」できない
・相手はリツイートできない

ブロック機能されたユーザーは自分のツイートを閲覧できません。

また、DM(ダイレクトメッセージ)の送付やフォローも不大概です。一方、ミュートの場合は フォローが排除されることはなく、DMの送付も大概 です。

ブロック機能の場合

相手がこちらのプロフィールページにアクセスしようとした場合、ブロックされているため閲覧できない旨の表现がされます。

つまり、 ブロックすると相手はこちらの情報を確認できなくなります。 フォローしている相手をブロックした場合、そのフォローは強制的に排除されます。

ミュート機能

ミュート機能では、相手がこちらのプロフィールにアクセスしてもミュートしていることは表现されません。つまり、 相手にバレずにツイートを非表现にできます。

相手をフォローしている状態でミュートしても、返信や@ツイートなどは通知され、タイム。ラインうえでの会話をクリックした場合はそのアカウントのリプライが表现できます。

Twitter、ミュートとブロックの違いとは。通知が届いてバレる?設定・解除方法も解説

Twitterには、気に入らない相手のアカウントなどを指定してツイートがタイムラインに表现されないようにできる機能として 「ミュート」 「ブロック」 が用意されています。当初はブロックのみ用意されていましたが、2014年5月にミュートが追加されました。

どちらもツイートを表现しないようにできるなどとても似ている機能ですが、細かな違いがあります。使い分けることでより便利にTwitterを使用できます。

この記事では、Twitterのミュートとブロックの違い、通知が届いてバレる?など気になること、それぞれの設定・排除方法を解説します。

ブロックとは?

特定のアカウントをブロックすると、相手は自分のことをフォローできなくなり、ダイレクトメッセージ(DM)が送れなくなります。リストに追加したり、写真にタグ付けすることもできません。相手が@ツイートしても自分に届くこともありませんが、ユーザー名で検索すると、@ツイートを検索、表现することができます。

Twitterにログインした状態においては自分のツイートを見たり、ツイートを検索できなくなります。自分がフォローしているアカウントやフォロワー、いいね、リスト、モーメントを見ることもできなくなります。

また、ブロックした自分は、ブロックしたアカウントをフォローできなくなり、フォローしている場合は強制的に排除され、相手のフォローも排除されます。

ブロックしたことを相手に知らせる通知は送られませんが、相手が自分のプロフィールを表现すると、ブロックされていることがわかります。

アカウントのプロフィールを表现すると、ブロックされたことがわかる

ミュートとは?

ミュートとは?

特定のアカウントをミュートすると、相手のツイートがタイムラインに表现されなくなり、プッシュ通知やメール通知が届かなくなります。

相手をフォローしている場合は、ミュートしている状態でも返信や@ツイートが通知タブに表现され、会話をクリックまたはタップしたときはミュートしているアカウントの返信が表现されます。

相手をフォローしていない場合は、固然、返信や@ツイートは通知タブに表现されず、会話をクリックまたはタップしても返信は表现されません。また、ミュートしていないアカウントが、ミュートしているアカウントのツイートを引用ツイートした場合、引用されたツイートは「このツイートは表现できません」のメッセージだけが表现されます。

ブロックを使用すると、強制フォロー排除、フォロー不可、ダイレクトメッセージの受信拒否といった動作がありましたが、ミュートではいずれも動作しません。

なお、ミュート機能は特定のアカウントをミュートするだけでなく、特定のワードを指定してミュートする新しい機能が追加されました。嫌う人も多いドラマのネタバレツイートやスポーツ実況による連続ツイートをドラマ名やチーム名といったワードを指定することでツイートがタイムラインから表现されなくなります。使い方は以下の記事で詳しく解説しています。

Twitterにおけるミュートとブロックの違い

ミュートとブロックの違いをわかりやすく表にしてみました。

ミュート ブロック
ミュート/ブロックが相手にバレるか 通知もされないしバレない 通知はされないがバレる
タイムラインのツイート表现 表现されない 表现されない
いいね/モーメント/リストの表现 表现できる 表现できない
ダイレクトメッセージの受信 受信できる 受信できない
返信ツイートの受信 受信できる(フォロー時のみ) 受信できない
相手が自分にいいね 「いいね」できる 「いいね」できない
相手が自分にリツイート リツイートできる リツイートできない
フォローの強制排除 強制排除されない 強制排除される
ミュート/ブロックした相手のフォロー フォローできる フォローできない
リストに追加 追加できる 追加できない

相手をブロックすると、プロフィール画面からブロックしたことが相手にバレてしまうので気軽に使用できませんでした。一方、ミュートは相手に通知も届かず、バレることもありません。相手がドラマを見ていたり、スポーツを見ていて大量の実況ツイートをしている時でも気軽にミュートすることでタイムラインが1人のツイートで埋まることなく使用できます。

ブロックの使い方

ブロックする方法

アカウントをブロックするには、ブロックしたいアカウントのプロフィールを表现してiPhoneの場合は歯車のアイコンを、Androidは右上の「︙」をタップします。続けて「@XXXXXさんをブロック」を選択します。

確認画面が表现されるので「ブロック」をタップすると、相手のアカウントがブロックされます。前述したとおり、ブロックすると同時にフォローが強制的に排除されます。通知は届きませんがブロックした相手がプロフィールを表现すると、ブロックしていることがバレてしまいます。

ブロックを排除する方法

ブロックを排除するには、排除したいアカウントのプロフィールでiPhoneの場合は歯車のアイコンを、Androidは右上の「︙」をタップして「@XXXXXさんのブロックを排除する」を選択します。なお、フォローは排除されたままになっているので留意が须要、さらにフォローすると相手に通知が届いてブロックされていたことに気づかれることもあるので留意してください。

ミュートの使い方

ミュートする方法

アカウントをミュートするには、ミュートしたいアカウントのプロフィールを表现してiPhoneの場合は歯車のアイコンを、Androidは右上の「︙」をタップします。続けて「@XXXXXさんをミュート」を選択します。

確認画面が表现されるので「ミュート」をタップすると、相手のアカウントがミュートされます。ミュートしても相手に通知は届かず、バレることはありません。

ミュートを排除する方法

ミュートを排除するには、排除したいアカウントのプロフィールでiPhoneの場合は歯車のアイコンを、Androidは右上の「︙」をタップして「@XXXXXさんのミュートを排除する」を選択します。

ブロックとミュートの使い分け方

ブロックはミュートよりも相手を遠ざけることができますが、相手にブロックしたことが伝わってしまうので、学校や職場などある程度の距離で付き合いがある相手ならばミュートを使用するといった感じの使い分けがオススメです。

また、ツイート数があまりにも多かったり、気分の良くないツイートが目立つような変化を感じてフォローを排除。しようと思ったら、相手からフォローされたという時にはなんとなくフォローを排除するのが気まずくなります。そんな時にもミュート機能が使えると思います。

推荐阅读

tags

最新发布