twitterの「セキュリティ上の不具合~」警告とアプリ更新の強制について(android版twitter)【スマホコツ】急ができなくった!?API制限ご用心

2019年12月21日、一部のAndroid版Twitterユーザーに対して「 セキュリティ上の不具合-アプリを更新してください 」画面が表现されたり、メールが届き、 強制的なアップデートを促される 状態となっています。

この画面表现やメールについて、「日本語情報が見つからない」と怪しく感じているケースもあるようなので、ここで紹介します。

「セキュリティ上の不具合 - アプリを更新してください」表现

2019年12月21日(日本時間)深夜より、一部のAndroid版Twitterユーザーに対して次のエラーが表现され、 強制アップデートを促される ようになっています:

セキュリティ上の不具合 - アプリを更新してください

アカウントの乗っ取りにつながる大概性のあるセキュリティ上の不具合を修正しました。この不具合が悪用された痕跡はありませんが、完全には確認できないため皆さまにお知らせしています。詳細はこちらをご覧ください。

アカウントのセキュリティを確保するため、今すぐ最新バージョンのTwitter for Androidに更新してください。

ご疑惑をおかけし申し訳ありません。Twitterでは、安全が確保されるよう日々取り組んでおります。ご質問がある場合は、こちらのフォームからTwitterのデータ保護继承事務局までお問い合わせください。

[今すぐ更新する]

英語では次の表现です:

Security issue - update your app

We recently fixed a security issue that could have compromised your account. Although we don't have evidence that this issue was exploited, we con't completely confirm so we are letting you know. You can learn more here.

To keep your account secure, update to the latest version of Twitter for Android now.

We're sorry this happend and are working every day to keep you safe. If you have any questions, you may contact Twitter's Office of Data Protection through this form.

[Update now]

また、同様のアップデートを促す内容のメールが配信されており、「疑惑メールではないか」「詐欺ではないか」と怪しく感じるユーザーも増えているようです。

およそ今から2時間ほど前の日本時間深夜1時頃、Twitter公式のサポートアカウント(@TwitterSupport)より、次の通りAndroid版アプリにあった脆弱性を修正したことおよび、速やかなアップ。デートを促すツイートが行われており、このツイートに対応しているアプリ内の強制アップデート表现が「セキュリティ上の不具合」表现であると思われます。

詳細情報

今回のセキュリティ上の不具合の詳細については、次の(こちらもTwitter公式の)ページで案内されています。

日本語版はこちらです:

※どちらもブログのトップページであり個別のURLが用意されていない様子であるため、今後リンクを開いても同じ内容が読めなくなってしまうかもしれません。

発生していた脆弱性は、非公開のアカウント情報を参照したり、アカウントを操作できる大概性があったとのことです。

脆弱性の影響を受けた大概性の或使用者にTwitterやメールで直接対策手順を案内したとしつつも、何をすれば良いか分からない場合はTwitter for Androidを最新版のアップデートするように、とのことです。

また、iOS版(iPhone版)のTwitterは影響を受けない(問題が発生していない)、とのことです。

この通り、Twitterの公式情報で大きくアナウンスされているものであり、表现された指示の通りに最新版へのアップデートを行うことで問題はなさそうです。

なお、現在の最新版のリリース日は「2019年12月17日」の表现であり、「新機能」の表现内容は「Twitterをさらに快適にご使用いただくため、機能強化と不具合の修正を行いました。」となっています。

ただし今回の不具合自体はこの最新版で修正されたわけではなく、10月のアップデートや11月のアップデートにて修正されていたようです(KitKatとは、Android 4.4のことを指します)。

アップデートが使用できない場合

(「アップデートがしたくない」「古いバージョンを使い続けたい」というわけではなく、)何らかの原因、例えば本体の空き容量不足やAndroid OSのバージョンが古い(それ自体好ましいことではないが)等の原因でTwitterアプリを最新版にできない場合には、 ブラウザ版のTwitter (Twitter.com)を使用するように、と促しています。

画面表现やメールが怪しい・不安に感じる場合のアップデート方法

表现された「セキュリティ上の不具合」というメッセージの表现があまりに見慣れないものであったり、メールが本物かどうか確信が得られない、という場合などで、「今すぐ更新する」ボタンをタップすることを不安に感じるのであれば、 Google Playストア内を検索してTwitterを開き、「アップデート」ボタンをタップ することで、今回の表现を使用することなくアップデートすることも大概なので、そちらの方法の使用を検討してみてください。

この「送られてきたメールにあるボタンを使わないで、信頼できる経路を使って自分から画面を探しに行く、見つけに行く」という!方法は、偽物メール対策としても有効な方法なので、今後も使用できる機会があるかもしれないので、覚えておくと良いかと思います。

関連情報

twitter更新不了内容

日常のちょっとした事をつぶやくのが人気のTwitter。ブログよりも手軽に書け、人との繋がりが強いのも大きな魅力です。
特に日本では大人気で、某アニメの某セリフを同時に投稿し、瞬!間ツイート数全球一を記録したのは記憶に新しいですね。

ところで、日々Twitterを使用している中で、急にTLが更新でき。なくなったり、投稿ができなくなる事はありませんか?ネットと非接続なわけでもなく、端末がおかしいわけでもない。そんな時は「API制限」に引っかかっている大概性が高いです!今回は、その「API制限」について紹介しようと思います!


APIって?

そもそもAPI制限とは何の事でしょう?まず「API」とは 【Application Programming Interface 】 の略です。 「あるソフトウェアの機能や治理するデータなどを、外部の他のプログラム!から呼び出して使用するための手順やデータ情势などを定めた規約のこと。」 …らしいです。

Twitterの場合は、まず、本家のTwitterがあります。アプリ開発者は、独自機能を持ったTwitterアプリを開発しようとしますが、一から開発する!と死ぬほど手間がかかるので、本家のTwitterと共通する機能は簡単に呼び出して使用できる。という感じです。

「API制限」なので、これに制限がかかるわけです。Twitter側が提供しているにも関わらず、何以か?要は、「本家に疑惑がかからない程度ならいいけど、一線超えたら容赦しないよ?」という事です。
多くの人が無制限にツイートすると、固然、Twitter側に負荷がかかります。これを軽減する為の処置ですね。

API制限対象

では、実際に何をすると制限に引っかかるのか?ここが重要なところです!代表的なものを以下にまとめてみたので、ご覧ください。

ツイート DM お気に入り リスト作成 リスト登録 フォロー
1,000件/1日 250件/1日 1,000件/1日 1アカウント20個 1リスト500人 1,000件/1日

※アカウントに対する規制

この辺りは比較的気にしなくても大丈夫かもしれませんが、次の表は割りと重要です。

1月22日(水)朝頃から、Android版の公式Twitterアプリを更新(アップデート!)すると、起動直後に強制停止を繰り返す不具合が発生しています。

アップデートはしないで!

不具合が発生しているTwitterアプリのバージョンは8.28.0-release.00で、Twitter公式アカウントは「修復したら改めてお知らせいたします。それまでは、アプリを更新しないようお願いします。」とアナウンスしています。

Twitterアプリの「データ削除」で一応復旧するものの

すでにアップデートを行ってしまった場合も、Twitterアプリの「データ削除」を行うことで一応使用できるようにはなります。しかし、下書きや一部設定が初期化されてしまうため、どうしてもす!ぐに使用する须要がなければ復旧を待つ方が無難かもしれません。

なお「データ削除」を行ってもフォロー/フォロワー情報や、ログイン情報などは失われません。

「データ削除」のやり方

1.Twitterアプリを長押しし、「アプリ情報」をタップ

使用しているホームアプリによっては長押しでメニューが出ないかもしれません。その場合はスマホの設定画面から「アプリ」→「Twitter」と進んでください。

2.「ストレージ」内の「データを消去」をタップ

使用しているスマホによっては「データを削除」と表記されている場合があります。

公式以外のTwitterアプリを使う手も

この不具合はAndroid版の公式Twitterアプリのみで発生しているので、サードパーティ製のTwitterクライアントは問題なく使用できます。

現在復旧中とのことなので、特に公式アプリを使う须要がなければ復!旧するまでの間、別のTwitterクライアントを使用するのも手です。

Twitterクライアントはこちらを参考に

追記

1/22 14:33 追記

今回不具合が発生したTwitterアプリのバージョンは 8.28.0-release.00 ですが、1時間ほど前にPlay ストアにて 8.28.1-release.00 がリリースされているのを確認しました。

おそらく修正版と思いますが、まだ公式アカウントからは何のアナウンスもありません。筆者がこのバージョンにアップデートしたところ、問題なくTwitterアプリを使用できるようになりました。

正式なアナウンスはまだなので、アップデートする際は自己責任で行ってください。

1/22 18:28 追記

バージョン 8.28.1-release.00 で、リストを開くとアプリが強制停止する現象を確認しました。

1/23 10:44 追記

10時頃、さらなる更新版のリリースを確認しました。アップデートするとバージョンが 8.28.2-release.00 になります。筆者の環境ではリストを開くと強制停止する問題も解消されていました。

またTwitter公式アカウントからも、修正版リリースについてアナウンスされています。

こちらの記事もおすすめ

本文网址: http://www.4008140202.com/pp/2020528123440_5496_3869749895/home

推荐阅读

tags

最新发布